2013年09月29日

Mariah Carey's Song





You always smile.
but in your eyes
Your sorrow shows.



あなたがくれた愛の微笑み。
その瞳は悲しみにあふれていた。




〜 Without You 〜
( Song by Mariah Carey )



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



Mariah Carey's music is so Good!




      





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






タグ:Mariah Carey
posted by diary-english at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

Kumi Koda's song





Don't awake, if it is a dream.


夢ならば、さめないで。




〜 小さな恋の歌 〜
( Song by Kumi Koda )



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



Kumi Koda's music is so Good!

     
      



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






posted by diary-english at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

Abraham Lincoln's words





I walk slowly, but I never walk backward.
(私の歩みは遅いが、歩んだ道は引き返すことはない。)


〜 Abraham Lincoln 〜
(エイブラハム・リンカーン)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Abraham Lincoln is U.S. President of the 16th generation.
(エイブラハム・リンカーンはアメリカの第16代大統領だ。)

His word is very deep.
(彼の言葉は、とても深い。)

      

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<Today's tweet(今日のつぶやき)>

I did a muscle training at lunchtime.
(私は、昼休みに筋トレをした。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【赤字解説】

・「muscle training」=「筋トレ」

はじめての英語手帳ドリル(石原真弓著)<Click!>の本の・・・

『美容・健康』のコーナー(P.80〜81)には
・「muscle training」=「筋トレ」
の表現が数多く紹介されている。
これは英語日記を書く上で、かなり参考になる。

この本に興味がある方は下の画像をクリックしてみよう




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

石原真弓先生については、
Eglish Space <<クリック!!>>

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




posted by diary-english at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Wonderful word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

Toshiki Kadomatsu's song





A sad night and late at lonely night,
I always hold a knee and close eyes on the sands.



僕は悲しみの夜やさびしい夜更けは、
いつも、膝を抱えて、砂浜で眼を閉じてみる。




〜 砂浜 〜
( Song by Toshiki Kadomatsu )



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



Toshiki Kadomatsu's music is so Good!




      





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






posted by diary-english at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

Yiruma's song





I often close my eyes
And I can see you smile.



しばし目を閉じれば
あなたの笑顔を見ることができる。




〜 Kiss The Rain 〜
( Song by Yiruma )



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



Yiruma's song is so Good!




      



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


posted by diary-english at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

石原真弓のDear English Diary(第12回)



Mayumi20110213.jpg



Keeping a diary in English is a good method
for all English learners.



( 英語日記は、あらゆる英語学習者にお薦めの英語学習メソッドです! )




〜 Ms.Mayumi Ishihara 〜


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


How about keeping a diary in English?
( 英語日記をつけてみませんか? )





石原真弓のDear English Diary(第12回)
<クリック!>





An intellectual, stylish English diary life!
(知的でスタイリッシュな英語日記ライフを!)




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Ms.Mayumi Ishihara is a very beautiful and elegant woman.
(石原真弓さんは、とても美しくて、エレガントな女性だ。)

She is taking an active part as an English study stylist.
(彼女は英語学習スタイリストとして活躍している。)


She is sending information on Twitter.  ⇒ You should see this<Click!>.
(彼女はTwitter上で情報を発信している。 ⇒ これは必見だ。)

Let's tweet her on twitter.
(Twitter上で彼女につぶやいてみよう。)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



Because she is my important friend,

I want her to keep taking an active part in
the future as well. 

(彼女は私の大切な友人なので、今後も活躍してほしい。)





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




English Space<Click!>


Ms.Mayumi Ishihara's Book<Click!>



      





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






posted by diary-english at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

Masayuki Suzuki's song





You grow up by repeating good-bye.


さよならを繰り返し、君は大人になる。




〜 ガラス越しに消えた夏 〜
( Song by Masayuki Suzuki )



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



Masayuki Suzuki's song is so Good!




      



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


posted by diary-english at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

Eva Cassidy's song





You'll remember me when the west wind moves 
among the fields of barley.



大麦畑を西風が吹いたら
私のことを思い出してね。




〜 Fields Of Gold 〜
( Song by Eva Cassidy )



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



Eva Cassidy's music is so Good!


     
      


<Click!>


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






posted by diary-english at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

Ms.Kurumi Takahashi's Love word



kurumi.jpg



It is chosen as fate.

( 運に選ばれる )



〜 Ms.Kurumi Takahashi's Love word 〜


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


Ms.Kurumi Takahashi is a very beautiful and smart woman.
(高橋くるみさんは、とても美しくて、スマートな女性だ。)

She is a former cabin attendant of JAL.
(彼女は元JALのCAだ。)


Her book is full of the essence of talking.
(彼女の本には、話し方のエッセンスが満載だ。)







Let's become a taking beauty!
(話し方美人になろう)





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


She is sending information on Twitter.  ⇒ You should see this<Click!>.
(彼女はTwitter上で情報を発信している。 ⇒ これは必見だ。)


Let's tweet her on twitter.
(Twitter上で彼女につぶやいてみよう。)



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



Because she is my blog friend,

I want her to keep taking an active part in
the future as well. 

(彼女は私のブログ仲間なので、今後も活躍してほしい。)





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



キャビンアテンダント☆就活☆指南 ・高橋くるみ<Click!>

ソーシャルコミュニケーター高橋くるみのネット接客の技術ブログ<Click!>

キャビンアテンダント合格会オフィスくるみの勉強会<Click!>

くるみ会日記ブログ<Click!>



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





posted by diary-english at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

Ms.Kyoko Koizumi・・・

Ms.Kyoko Koizumi is taking an active part as a writer.
(小泉今日子は作家として活躍している。)

kyon2.jpg


Her opinion is very interesting.
(彼女の意見はとてもおもしろい。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  Woman's pants might be protectors of the mind.
  Not the one to show it to someone but I am defended
  ・女のパンツは心のプロテクターなのかもしれない。
  ・誰かに見せるためのものではなく、自分を守るための。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



kyon1.jpg


There are a lot of women who sympathize with her opinion.
(彼女の意見に共感する女性は多い。)


kyon3.jpg



==================================================
「戦う女〜パンツ偏〜」 By Kyoko Koizumi

◆第一章 パンツ◆

幼少の頃は、ミニスカートからはみ出るくらいのグンゼの白いでっかいパンツや防寒用の毛糸のパンツだった。

◆第二章 パンティ◆

中学生になって途端に色気づくのが女子。
朝シャンしたりお化粧に興味がでてきたりする。
そして、この頃から少しずつ親への秘密が増えていく。。
当然、パンツからパンティに変わる。
友達と競って可愛いパンティを買いに行く。
3枚980円のボーダー、水玉、花柄。
こんな風にたくさんある物の中から一つ一つ自分の欲しい物を選んで生きて行く。
一つ何かを選ぶたびに少しずつ大人になっていく。

◆第三章 黒いレース◆

20才になって黒いレース上下お揃いの下着を買った。
大人になれたような気がして嬉しかった。
20代は大人になることを一つずつ許す時期だった気がする。
黒い下着を許す。
紫のシャドーを許す。
恋をすることを許す。
お酒を飲みに行くことを許す。
許したものが心の贅肉となり、それが身体にもまとわりつき、
黒いレースが似合う人に少しずつ近付いていく。

◆第四章 四角いパンツ◆

30代になると大人になりたいという気持ちが通用しなくなり、
そろそろ本当に大人にならなくちゃダメだという気持ちになり焦る。
30年も生きてくると、それなりに失敗も挫折も味合う。
それを人のせいにできる年じやないから、女の心はトゲトゲしてくる。
女として迷子になったような感覚がある。
気がつけば、下着の引き出しの中は、四角いボクサータイプのノーレース、ノーフリフリの女度が相当低い四角いパンツだらけになっている。

◆第五章 Tバック◆

迷いだらけの不屈な30代を怠けずに悩みまくって生きていくと、
いきなり時空が変わって、今までの向かい風の中を生きている感覚から・・
背中を優しく押される追い風の中を歩いている感覚になる。
それが40代。
「結婚どうする?」「子供はどうする?」そんな呪縛から一気に解き放たれ生きることを純粋に楽しめるようになった。
なんの思惑もないから女であることを心から楽しめる。
42歳にして始めてTバックを買ってみた。
あんなに小さいパンツじゃ頼りなくて心細いんじゃないかと思っていたけれど、心の中身が強くなると、この小ささがなんとも潔くて気持ちよい。
もう四角いパンツには戻れない。

女のパンツは心のプロテクターなのかもしれない。
誰かに見せるためのものではなく、自分を守るための。


Tバックという小さなプロテクターで身を守りながらまだまだ戦いたい。
女っていつも自分の中の女と戦っているのだから。。

==================================================



      












posted by diary-english at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Wonderful word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

Yuzu's song





Because all people are mirrors.


人はみんな鏡だから。



〜 虹 〜
( Song by ゆず )


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Yuzu is a great band.
(ゆずは素敵なバンドだ。)

Their song is wonderful.
(彼らの歌は素晴らしい。)

      

<Click!>

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<Today's tweet(今日のつぶやき)>

If I had worked hard, I would have become a executive job.
(もっと一生懸命仕事をしていれば、もっと早く管理職になっていただろうに。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【赤字解説】

・「 If I had 過去分詞形, 主語 would have 過去分詞形 」
=「 もし(あの時)〜していたら、(その後)〜だっただろうに 」


英語で日記を書いてみる(石原真弓著)<Click!>の本の・・・

『日記に使える構文』のコーナー(P.121)には
・「 If I had 過去分詞形, 主語 would have 過去分詞形 」
=「 もし(あの時)〜していたら、(その後)〜だっただろうに 」

の表現が数多く紹介されている。
これは英語日記を書く上で、かなり参考になる。

この本に興味がある方は下の画像をクリックしてみよう




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

石原真弓先生については、
Eglish Space <<クリック!!>>

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




タグ:ゆず
posted by diary-english at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おきてがみ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。